TOP
衛生管理コラム

第39話 「ルールを守る心」を育てる④

よりよい組織作りのために

ルールを守ってもらうためには、従事者の「製品への愛着」を育てることが大切とお話ししました。
第39話では、従事者の心に「製品への愛着」を育てることは可能か?を考えます。

答えから先に申しますと可能です。
日本人は、昔から先祖を大切にしていますし、共感力に優れるからです。

「お墓を守る」という言葉があります。
先祖を大切にする心の表れですが、比較的若い人からも、その言葉を聞きます。
仏壇に手を合わせる光景をよく目にしますが、先祖の霊に手を合わせています。
その先祖を大切にする心は、製品を開発した先代や先輩への想いとつながります。

以前コラムでも書きましたが、共感はコミュニケーションに大切で、日本人は共感力に優れます。
「製品への想い」を、心を込めて伝えれば、従事者は共感をもってくれます。

その先代・先輩への想いと、共感力で、従事者に「製品への愛着」が育ちます。

外国人が多い職場もあります。
そのような場合でも、まずは日本人の間に「製品への愛着」を育て、皆で行動すれば、外国人の方にもその思いは伝わっていきます。
「あきらめずに」というよりも、外国人の方にも通じると信じて、「製品への想い」を伝えてください。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き