TOP
衛生管理コラム

第31話 脳を、働くことに慣らす①

その他

第30話で、ボーとしていたら、脳は何も考えずに行動しますが、意識して仕事をすると、脳は無意識でも働き続けるとお話しました。

それでは、どうすれば、脳を無意識に働き続けるようにできるのでしょうか?
それは、「意識して仕事すること」に慣れることです。

「意識して仕事をすること」のトレーニングとして、もっともお勧めなのは、率先して仕事の準備をすることです。
ほとんどの仕事は、段取りよく仕事をするために、最初に準備をします。

仕事の準備を、軽く考える人もいます。
しかし、準備は、仕事を理解していないとできません。
忘れ物をしないために、その日の仕事を頭の中でシュミレーションしながら用意します。
準備の仕方で、仕事の効率が変わることもあります。
仕事の準備を見れば、準備した人の力量が分かります。

準備になれてくると、知らない内に、「準備する」という意識スイッチが入ります。
無意識の内に脳が働き、準備が進みます。
不思議なもので、無意識の内に準備をしても、忘れ物があったら、違和感をおぼえ、気づくようになります。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き