TOP
衛生管理コラム

第30話 仕組みつくりに必要な、想像力とシミュレーション力

よりよい組織作りのために

第30話では、仕組みつくりに必要なことを考えます。
最初に答えを言ってしまえば、仕組みつくりに必要なのは、想像力とシミュレーション力です。
知識がないと、想像もシミュレーションも弱いため、その仕事に対する経験もあった方が良いです。
それと、最終責任は自分が負うという責任感も必要です。

事故が起こった時、責任者が「想定外でした」とニュースで言うのを見かけます。
ときおり、あまりの想像力と責任感の無さに、「お前アホか~」と言いたくなることがあります。
「想定外」と平気でいう方々は、自分のこととして、想像力を働かせて、シミュレーションしなかったのだと思います。

想像力は、頭の中で、何かになりきる力と、一つのことから多くのことを、気づく力です。
シミュレーション力は、順番を追って、場面を想定していく力です。

第29話で取り上げた、ワクチン接種会場の場合なら、自分が「ワクチン接種を急ぐ必要がある若者」になって、どのような準備が必要か、順番に想像すれば良いです。
異物混入防止を考えるならば、自分が「原料から製品」になって、製造工程を流れてみて、周りにどのような危険があるのか、どのような対策を打てば良いかを、想像すれば良いです。

仕組み作りが難しいようであれば、ルール作りから始めたら良いです。
工場入場ルールなら、工場従事者になって、着替えて工場に入場することをシュミレーションしたら良いです。

仕組みやルールを作ったら、実際に何度か試して、抜けがないかを検証します。
この検証力については、別の所でお話します。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き
よりよい組織作りのために
第35話 仕組みつくりは、なぜ敬遠されるか② 2つ目は、仕組みとして作り上げるには、リーダーシップが必要になることです。 自ら率先して、リーダーシップを発揮するのを苦手とする日本人は多いです。 「和をもって尊し」の価値観から来るのかも…続き