TOP
衛生管理コラム

第30話 仕組みつくりに必要な、想像力とシミュレーション力

よりよい組織作りのために

第30話では、仕組みつくりに必要なことを考えます。
最初に答えを言ってしまえば、仕組みつくりに必要なのは、想像力とシミュレーション力です。
知識がないと、想像もシミュレーションも弱いため、その仕事に対する経験もあった方が良いです。
それと、最終責任は自分が負うという責任感も必要です。

事故が起こった時、責任者が「想定外でした」とニュースで言うのを見かけます。
ときおり、あまりの想像力と責任感の無さに、「お前アホか~」と言いたくなることがあります。
「想定外」と平気でいう方々は、自分のこととして、想像力を働かせて、シミュレーションしなかったのだと思います。

想像力は、頭の中で、何かになりきる力と、一つのことから多くのことを、気づく力です。
シミュレーション力は、順番を追って、場面を想定していく力です。

第29話で取り上げた、ワクチン接種会場の場合なら、自分が「ワクチン接種を急ぐ必要がある若者」になって、どのような準備が必要か、順番に想像すれば良いです。
異物混入防止を考えるならば、自分が「原料から製品」になって、製造工程を流れてみて、周りにどのような危険があるのか、どのような対策を打てば良いかを、想像すれば良いです。

仕組み作りが難しいようであれば、ルール作りから始めたら良いです。
工場入場ルールなら、工場従事者になって、着替えて工場に入場することをシュミレーションしたら良いです。

仕組みやルールを作ったら、実際に何度か試して、抜けがないかを検証します。
この検証力については、別の所でお話します。

最新の衛生管理コラム 6件

マネジメントのヒント
第39話 鬼滅の刃が描いた「受け継がれる力」 「鬼滅の刃」を4~5回読み返した話をしました。 鬼が永遠の命を持つのに対して、 鬼殺隊員の、限りある命、「なまみ」の身体で、鬼に立ち向かう姿に心を打たれ、 「例え、自分は死んでも、思いは…続き
マネジメントのヒント
第38話 鬼滅の刃に見る「作りこみの極み」 「鬼滅の刃」を全巻4~5回読み返しました。 読むたびに新たな発見がありました。 鬼殺隊の柱を中心とした隊員達の描写 とりわけ鬼殺隊に入るきっかけになったできごとと そのできごとを乗…続き
マネジメントのヒント
第37話 しなやかなリーダーシップ 職場では、先輩や上司、つまり自分より立場が上の人と、価値観が合わない時があります。 私は、転職を繰り返しましたが、辞める時の多くは、周り(主に上司)との摩擦が原因でした。 今話は、会社…続き
ペストマネジメント
第91話 工場を建設する時 工場を建設する時は、当然、製造ラインを中心に計画します。 この時、図面を見せてもらって、防虫対策や防かび対策をチェックさせてもらうのが理想です。 食品工場建設経験が少ない、地元工務店に工事…続き
ペストマネジメント
第90話HACCP/FSMSのお手伝いをする上での「害虫駆除業者の立ち位置」  HACCP/FSMS認証を受けた工場で、害虫管理の仕事をする時、 誤解を恐れずにいえば、 害虫駆除業者の立場は、アドバイザーであるべきと思っています。 正しくいえば、アドバイザーとしてふ…続き
マネジメントのヒント
第36話 不動心について 安倍元総理の慰霊碑(留魂碑)には、安倍元総理が好んで使った「不動心」という言葉が刻まれています。 不動の心は、志に向かって、ゆるぎなく歩む力強い言葉ですが、 不動の心を持つ前に大切なことが…続き