TOP
衛生管理コラム

第26話 各論では解決しない問題~対策は仕組みで考える~

よりよい組織作りのために

食品安全管理は、仕組みで考えることが大切です。
仕組みとは、何でしょうか?
(ある事柄に対して)全ての対策を網羅し、組み立てたものです。

微生物管理では、HACCPの12手順をもとに、対策を立て、仕組みを作ります。

以前は、製造現場ごとに、(細菌性)食中毒予防の3原則を元に、いくつもの対策を作りました。
しかし、その全対策をおこなえば、(細菌性)食中毒が予防されるかは、定かではありませんでした。
HACCPの12手順が示されたことにより、全体を網羅するルール作りができるようになりました。

仕組み作りをすると良い点が2つあります。
一つは、順序だって考えるために、ルールの抜けがなくなるということです。
もう一つは、全体が見渡せるために、それぞれのルールが理解しやすいということです。
人は理解したルールは守り安くなります。つまりルールが守られやすくなります。

仕組みを作らず、個別で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。
全体を見渡せないので、抜け落ちがあるかも知れません。
個別でなく仕組みで考える、仕組み作りを意識することは、とても大切です。

第27話は、仕組みの一例として、ノロウィルス対策について考えたいと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き