TOP
衛生管理コラム

第5話 思い込み①「従事者はやる気がある」その2

よりよい組織作りのために

本コラムは、よりよい組織作りのヒントを目指しています。
第5,6話では、どうしたら従事者のやる気を引き出せるかを考えたいと思います。

もっとも大切なことは、信頼され好かれるリーダーになるように精進することです。
「好かれる必要はない」という方もいるかも知れませんが、従事者が「あの人のためなら・・・」となった時、高い能力を発揮することを考えると、好かれるというのも大事な要素だと思います。
信頼されるためには、いろいろありますが、まず仕事ができて、自分に厳しく、客観的にものごとが見れることです。

もっとも大切なのは、従事者と向き合い、従事者を知ることです。
従事者と向き合うこととは、次のことを知ることです。
①従事者(の背景)
②従事者の価値観
③従事者の気持ち(相手の気持ちになる/気持ちを考える)

従事者の背景は、雇用形態、待遇、家族構成、かかえている苦労などです。
従事者の価値観は、何を大切にしているかです。
従事者の気持ちは、その行動を起こしたときの従事者の気持ちです。

特に従事者の気持ちを知ることは大切です。
例えば、従事者がマイナスの気持ちがあり、問題を起こしたとします。
この時、問題だけを指摘するのでなく、問題になったマイナスへの気持ちへのフォローもあると、同じような問題が起こるのを防ぐことができるかも知れませんし、その従事者のパフォーマンスを引き上げることができるかも知れません。

間違ってはいけないのは、従事者のことを知って、同情しても、仕事上では甘やかさないことです。
どんな事情があっても、仕事のパフォーマンスを下げてはいけません。
事情を知って、気持ちをくんで、従事者に「今、必要な」適切なアドバイスをしてください。

手を差し伸べるのは、仕事がオフの時です。
例え、仕事で厳しくても、オフの時、ゆっくり話に耳を傾け、気持ちにより添うことができれば、従事者との絆はできます。

仕事で困ったとき、確かに、上の人に助けてもらうことはあります。
しかし、数日仕事で無理してくれたり、一緒に難局を乗り越えたり、同僚や従事者に助けられることも多いと、私は思います。

次回は、従事者のやる気の引き出し方をお話します。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第35話 仕組みつくりの失敗例 第35話では、仕組み作りの失敗例をお話します。 私が、昔勤めた会社で、従業員満足度をあげるために、アンケートを取ったことがありました。 会社の働きやすさとか、上司について、意見をきくという…続き
ペストマネジメント
第39話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑲ 好ましくないモニタリング結果への対応⑤ 最後に、対策を立てる時に気をつけたい、2つのことをお話します。 それは、①問題の上流をたどるということ、②対策の目的を見失わないことです。 今話は、「問題の上流をたどる」についてお話します…続き
その他
第34話 仕組み(全体像)が見えないコロナ対策 「よりよい組織の作り方」コラムで、害虫管理や感染症対策は仕組みで考えることが大切とお話しました。 仕組みを作らず、各論で解決しようとすると、視界が狭まり、何をやっているか分からなくなります。…続き
その他
第33話 脳を、働くことに慣らす③ 「意識して仕事をすること」のトレーニングをした人、しなかった人 まだ新人の内から、予定表の客先を見て、自ら準備をしていた人は、仕事がすぐできるようになります。 準備を率先しておこなうこ…続き
ペストマネジメント
第38話 HACCP/FSMS対応ペストマネージメントのモニタリング⑱ 好ましくないモニタリング結果への対応④ 「従事者の意見に充分に耳を傾けて」とか、「誠意を持って指導して」とか書くと、弱気と思われるかも知れません。 「そこまで、従事者に気を使わなければいけないのか」と、疑問を持たれるかも知れません…続き
その他
第32話 脳を、働くことに慣らす② 「仕事の準備をする」というトレーニングは、若い内から始めることをお勧めします。 トレーニングは、できるだけ若い内に始めることをお勧めします。 理由は2つです。 一つ目は、若い方が、環…続き