TOP
衛生管理コラム

第2話 なぜモニタリングをするか?

その他

害虫管理は、モニタリングが必須です。
害虫管理でいうモニタリングとは、定期的におこなう昆虫調査です。

なんのためにおこなうのか?
それは、施設内の環境を客観的に知るためです。

ライトトラップで捕獲された虫を、外から入ってくる虫、湿潤環境から局所的に発生するコバエ(内部発生する可能性のあるコバエ)、粉やカビから発生する可能性のある虫などのタイプに分けます。
どのタイプが多いかによって、問題の内容が、どのくらい多いかによって、問題の深刻度が分かります。

歩行性粘着トラップや、フェロモントラップでの調査も、同じ考え方です。

モニタリングでは、2つの工夫が必要です。
それは、
① 工場内の環境を把握できるように、トラップを配置する。
② 調査結果を、見やすくする(一目で環境が分かるように工夫する)。
の2点です。
どんな工夫が必要かは、ペストマネージメントコラムでお話します。

第3話は、少し脱線して、モニタリングのルーツ、川のモニタリングについてお話します。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第98話 勉強会後活動はゆっくりと 勉強会後の食品安全管理の実践は、ゆっくりやることです。 5S活動を中心に、やりやすい所から、少しずつやります。 一カ所うまくいったら、別の箇所へ、それがうまくいったら、また別の箇所へ。…続き
ペストマネジメント
第97話 勉強会後活動の利点 ただ勉強会をおこなうだけでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することをお話ししました。 勉強会では、知識を頭に入れるだけです。 知識は実践してこそ理解でき、身につきます。 皆が…続き
ペストマネジメント
第96話 勉強会の時に意識したいこと② 勉強会の成果を出すためには、勉強会実施の環境を整えることも大切です。 まず、社長や工場長自身が、「勉強会は大切」という意識を持つことです。 「勉強会は大切」という意識を持つと、準備の大…続き
ペストマネジメント
第95話 勉強会の時に意識したいこと① 食品安全管理では、ルールを守りやすい環境を作ることが大切です。 理想をいえば、守らないと違和感を覚えるような環境が良いです。 食品工場中には、FSMSの認証を取っていても、 いざ、一…続き
ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き