TOP
衛生管理コラム

第1話 あなどれない虫対策①

ペストマネジメント

虫の混入は、危害要因として考えた場合、深刻な害は及ぼしにくいです。
微生物のように問題がロットで起こることもないですし、鉱物異物のように複数製品に混入する可能性も低いです。

製品回収というのは、ロット全体或いは複数ロットで、健康に深刻な害を起こす可能性がある時におこなうものです。
虫の混入での回収は、製造ラインの近くで、深刻な内部発生が起こって、混入するのが当たりまえの状態でない限り、おこなわなくてもよいと思ってしまいます。
回収にかかる費用があるならば、それを改善に活かしたいです。

しかし、虫の混入を起こしてしまうと、消費者にあたえる印象が悪く、回収になることも多いです。
とくにSNSの普及で情報が拡散されやすくなり、回収が求められる可能性は高くなりました。
食品工場の皆様にとって、虫の混入リスクは深刻です。

今回の食品衛生法改正で、食品等の「自主回収(リコール)情報」の行政への報告が義務化されました。
自主回収報告制度の対象は、食品衛生法に違反する、または食品衛生法違反のおそれがある食品等ですが、食品回収がクローズアップされ、結果、虫の異物混入による回収も増えるのではと心配してしまいました。

虫の混入を防止するためには、しっかりとした防虫計画と、その実施が不可欠です。

最新の衛生管理コラム 6件

その他
第50話 絞り込んだ仕組みを理解されなかった「毛髪除去の例」 絞り込んだ仕組み作りが理解されないことについて、昔悔しい思いをしたことがあります。 それは、ある食品関連の工場でのことです。 その工場は、従事者入場のための前室を作り、粘着ローラーで毛…続き
ペストマネジメント
第51話 「工夫されないペストマネジメント例」④ 調査結果はメールで送られるだけ お客様と話していると、昆虫調査の結果をメールで送って終わりとしている例が多いのに驚かされます。 害虫管理業者の仕事は、昆虫調査ではなく、虫の混入を無くすことです。 そのために、昆虫調査…続き
その他
第49話 仕事を絞り込むことの応用 第49話では、「仕組みを絞り込むこと」について、人と話をする時への応用をお話します。 簡単です。 話の目的、会話で成し遂げたいことを明らかにします。 そのためには何を話さなければいけ…続き
よりよい組織作りのために
第51話 昔、第三者の監査でおこった出来事 第49話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 このことを監査の視点で見ると、絞り込まれた仕組みにおいて…続き
ペストマネジメント
第50話 「工夫されないペストマネジメント例」③ 工夫されない報告書 報告書として、調査結果の表とグラフ、トラップの位置を示した図だけ出している場合があります。 害虫管理業者からすると、これは、とっても楽です。 調査結果の表を入力するだけで、グラフも作成され…続き
よりよい組織作りのために
第50話  「作り込まれた仕組み」と「最小限の仕組み」での運用を考える 前話で「作り込まれた仕組みでは運用が楽になり、絞り込まれた仕組みでは、運用が大変になり、組織力が必要になる」とお話しました。 それでは、「ハードを充実さえすれば、従事者の指導は必要なくなるの…続き