TOP
衛生管理コラム

第41話 日本人の持つ「和」の強さを信じる

マネジメントのヒント

令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。
また、東日本大震災で犠牲になられた方々にも、謹んで哀悼の意を表します。

「東日本大震災の発生から13年となった11日に、鎌倉で神道,仏教,キリスト教の3つの宗教の関係者が、カトリック教会に集まり、犠牲者を追悼し、被災地の復興を祈る催しが開かれたという報道がありました。
この集まりは、毎年開かれているとのことでした。

神道,仏教,キリスト教が集まれば、日本では、ほぼ、皆で冥福を祈ることができます。
日本人は、生活に根付いていた神道に、仏教も受け入れた、ふところ深い民族です。
今回は、さらに、皆で犠牲者を追悼し、被災地の復興を願うために、キリスト教まで集まったそうです。
自国の宗教を押しつけたり、宗教が違うことを理由に戦争したりする国では、考えられないことです。

日本人は、昔から、話し合いにより決めることを大切にしてきました。
台風や地震、災害が多く、そのたびに、助け合って乗り越えてきました。
「多様性を認める」ように騒がれていますが、日本は昔から多様性に寛容でした。

いろいろなことを受け入れ、力を合わせることができる民族です。
話は飛躍しますが、力を合わせることができる民族だということを信じて、品質保証をマネジメントしたいです。
毎日の業務を考えると、多忙をきわめたり、イライラしたりすることもあるでしょう。
そのような時は、是非、力を合わせることができる民族、助け合える民族だということを思いだし、頑張って欲しいと思います。

最新の衛生管理コラム 6件

ペストマネジメント
第94話 勉強会を食品安全管理に活用する 前話に続き、勉強会を食品安全管理に活用することの続きです。 勉強会の後、従業員が動くようにします。 勉強会後「今日の内容を、日々の仕事に活かしてください」だけでは、 動ける従業員はほ…続き
ペストマネジメント
第93話 勉強会のあり方 従事者の勉強会をおこなう時は、 「おこなわないといけないから」と、ありきたりの勉強会をおこなうのでなく、 勉強会を食品安全管理に活用することを考えたいです。 話を聞いて終わりでなく、…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時② 工場内に工事業者さんを入れる時に、おこなうべきことを考えます。 まずはおこなうことです。 工事業者さんの出入口を決めます。 できれば1か所にしぼりたいです。 【工事前】 歩行昆虫…続き
ペストマネジメント
第92話 工場内に工事業者を入れる時① 工場でモニタリングをしていると、急に捕獲数が増えることがあります。 何か変わったことがなかったか訊くと、「工事が入った」との言葉を聞いたりします。 品質担当者の方の中には、製造中以外は…続き
マネジメントのヒント
第42話 食品安全で問われるもの 肉まんで有名な会社の異物混入が報道されました。 工場で豚まんのあんの中にビニール片が入っているのを従業員が見つけたそうです。 会社は、混入原因とみられる箇所を確定し、対応すると同時に、1.…続き
マネジメントのヒント
第40話 小さな行動が大きく変える この所、会社の倉庫がきれいになりました。 昨年入った新人のおかげです。 洗濯場の汚れた作業着は、洗濯後いつもきれいにたたんで置かれます。 大切な道具である噴霧器はきれいに手入れされ、…続き