内部発生昆虫類対策の基本は清掃です。
もう20年以上、清掃だけで管理しているお客様もおられます。
粉を扱われる広い工場を、主に清掃で虫の発生がない様に管理していることは、誇りです。

清掃方法は、掃除機を使用しての吸い取りです。
掃除機はハイパワーのものを、高い吸引力を維持する様にフィルターバック(ゴミをためる袋)無しで使用しています。
粉をエアで吹き飛ばすと、より清掃しにくい場所へと飛んでいくために、粉は全て掃除機で吸いこむ様にします。
昆虫類はほんの少量の餌(粉だまりや有機物片)からも発生するので油断はできません。
高い所は、粉を落として清掃すると、粉や残渣が舞って異物混入の原因になったり、清掃しにくい場所へと入り込んだりするため、高い所も可能な限り掃除機にて直接吸い取ります。




清掃計画

最初に区域分けをして清掃頻度を決めます。
場所の重要度(異物混入の起こる危険度、製造ラインとの距離等)と粉の溜り方によって区域分けします。
清掃箇所の区域分けは、現場にて細かな状況を把握しながら決めるだけでなく、図面上にプロットして俯瞰的に全体を把握しながら行います。
現場把握だけで区域分けすると、清掃箇所に抜けがでたり、清掃範囲が不明確になることがあること等から、好ましくありません。

必ず製造ラインが記載された詳細な図面を作成し、清掃範囲を記載しながら区域分けすることが望まれます。
清掃頻度は、上記2条件に、貯穀害虫の生態(発育期間)を考慮して決めます。
重要度によって、従業員の方で毎日清掃する区域、一週間に一度清掃する区域、重点清掃として私達が入り、毎月から年に1度程度清掃を行う区域等に分けます。



現状確認(モニタリング)

内部発生する昆虫類の生息状況を調べることによって、清掃ぐあい等環境状況を把握します。

 【モニタリング計画】
モニタリングを精密に計画し厳格に行えば、昆虫類の発生がないことによって、環境状況に問題ないことを証明できます。そのためモニタリングのあり方(設置計画と実施)は非常に重要です。
トラップの設置の仕方を見れは、それを計画した人の、工場管理に対する姿勢や力量が分かります。
モニタリングは、粘着トラップ、ライトトラップ、タバコシバンムシやメイガ類はフェロモントラップも使用します。


結果のまとめ方

捕獲昆虫類を調べたら、いつ、どこで、どんな昆虫類がどれだけ捕獲されたか分かる様に図に表します。
捕獲された昆虫類を円グラフにして、分類ごとに色分けして、捕獲数によって円の大きさを変え、図面上に落としていきます。
図は調査結果報告例(部屋割りや製造ラインはアレンジ)です。
実際にはもっと細かく作成しますが、イメージはつかんでいただけるかと思います。


使用図:結果図



対策

捕獲結果に異常があれば、すぐに現場に赴き、目視調査を行い、発生源を探します。
発生源が分からない場合、トラップを増やして追加調査を行います。
発生源を見つけて清掃をします。
壁の隙間等、発生源が清掃できない場合は、液化炭酸ガスに有効成分を溶解した製剤を使用して、細かく処理していきます。