虫発生、異物混入の恐ろしさを知る専門家が、ロープアクセス技術を駆使して、お客様の原料の安全・衛生を守ります。
目的:①粉及び付着物の除去、②虫の駆除及び発生の防止、③タンク内異常の点検


ロープアクセスと安全管理

私達のタンク清掃は、ロープ高所作業になります。
厚生労働省では、ロープで労働者の身体を保持しておこなう「ロープ高所作業」について、労働安全衛生規則(平成28年1月1日施行)及び安全衛生特別教育規程(平成28年7月1日に施行)の改正を行いました。
ライフラインの設置、十分な強度を有し損傷や変形等のないロープ等の使用、堅固な支持物への緊結やロープの切断を防止するための措置の実施、安全帯の使用等の基本的な安全措置等が義務付けられ、ロープ高所作業従事者への特別教育も必要になりました。

新しい法律によって、ロープ高所作業従事者の身を守るのは当然ですが、万が一事故がおきた場合は、法令に従っていないと、違反作業となり、お客様に迷惑がかかります。
東化研は、この施行にあわせ、ロープアクセス技術を導入しました。安全衛生特別教育は、知識共有の意味もあり、タンク清掃実施者だけでなく、会社全員におこないました。



ロープアクセス技術の導入により、安全が高まるだけでなく、より動きやすく・体への負担が少ないため、清掃精度がより高くなりました。
使用する器具は、全て選定資器材評価表を作り、その中で取り換え基準を決めて、管理しています。タンク清掃使用後の点検に加え、定期的劣化点検、さらには顕著な劣化がなくても決められた使用期間を超えたものは交換する様にしております。
弊社では、教育・訓練を施した独自スタッフが施工しますので、安心も施工結果も違います。


【ロープアクセス資機材置場】
個人管理されています。

選定資器材管理表で安全管理されています。