【一般のお客様向け】「あさコラム」vol.15「デング熱と公園」(2016年7月29日)から

2016/08/03 23:36 に 白石啓悟 が投稿   [ 2016/08/03 23:59 に更新しました ]
「あさコラム」は、厚生労働省健康局結核感染症課長の浅沼一成氏が、厚労省が主に医療従事者の皆さまに向け、感染症についての通知・事務連絡・報道発表など、平時はもちろん有事にも役立つ情報を直接提供するメールマガジン「感染症エクスプレス@厚労省」に連載しているコラムです。

専門家である浅沼課長が、感染症を分かりやすく、雑談を交えながら、一般読者が興味を持つ様に説明されています。
私も浅沼課長のコラムの大ファンです。
是非、定期的に目を通してみてください。
今号では、「先日、デング出血熱で亡くなられた、フィリピンに滞在歴のある新潟県の30歳代の女性について」と、
「アプリ「ポケモンGO」の大流行と感染症について」書かれていました。

先日、デング出血熱で亡くなられた、フィリピンに滞在歴のある新潟県の30歳代の女性について」では、
デング熱やジカウイルス感染症など、蚊を媒介する感染症の流行地域に渡航する場合の注意が書かれていました。
渡航先で体調を崩された場合には、帰国時に検疫所の健康相談に必ず立ち寄ること。
「渡航先で、長袖を着用したり、蚊の忌避剤(虫よけスプレーなど)を使用するなど、蚊に刺されない予防策が必要で、
そして、帰国後も、二次感染を防ぐために、国内でもできるだけ蚊に刺されないことが重要です。」

「アプリ「ポケモンGO」の大流行と感染症について」では、
アプリ「ポケモンGO」では、スマートフォンの地図の中で、あちこちにポケモンが現れるため、蚊がいそうな場所でも、お構いなくポケモンをゲットしに行く方が多数いるとのことでした。

是非、「あさコラム」全文を確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116724.html
「感染症エクスプレス@厚労省」
http://kansenshomerumaga.mhlw.go.jp/


Comments